声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

 長野市芸術館が開館してちょうど2年になります。
その間観客として、またお仕事でも度々お邪魔していますが、リサイタルホールには縁がなく…

2年経ってようやく今回初めて足を踏み入れました。

IMG_6173

生の声が隅々まで響き渡るような、アットホームな空間。
たしか、波をイメージしたデザインでしたよね。



今回はお箏の団体の演奏会で、アナウンスを担当しました。


お箏の音色って、いろんなところで音楽として聞いているのですが、以外と生演奏を見てない。
幼い頃、友人宅でお婆さんのお箏を見たことがあるけれど、私自身は触れたこともなくて。


バックステージに並ぶ、お箏。


IMG_6183

持ち運びもひと苦労ですね。
でも、その苦労の甲斐ある、美しい音色です。


今回、裏方の楽器屋さんに、お箏について色んな話を聞きました。

材質のことや、調弦のこと、メンテナンス、楽曲の色々…


へぇ!がいっぱいの、お箏の世界でした。


IMG_6184

 会員制の限定web放送に出演!


…と書くと、なんだかアイドル活動っぽく見えますが (見えない?笑)

ある業界団体の、web講演会のアナウンス業務でした。


業界向けの非公開な生配信= 会員制シークレットライブ!
…嘘はついてないと思います💦



IMG_6168


日進月歩で技術が進歩する業界で、トップランナーを講師に招いて最新の話題を話してもらう。

本来なら、大ホールを借りて一堂に介して開催したい講演会ですが、何しろ皆さん忙しい。

だから、web講演という形で
日々の業務の延長で見てもらおうという取り組みです。


会議室に機材を持ち込めば、もう立派なスタジオに。


かなり専門的なお話なので、門外漢の私には理解できない話題が多かったのですが、
その業界には人生のなかでは関わることもあり、なるほどお客様に対してこんな心構えやアプローチがあるのかと感心したり、客としての自らの立場や行動を再発見することもあったりで、外野ならではの視点でも有意義な講演でした。


世の中、まだまだ知らないことがたくさんありますね。


 リポーターの後輩、軽井沢町出身で日本で唯一のアイスクロス女子選手 ヤマジュンこと山本純子が、
5/20、超一流スポーツトーク番組「ジャンクSPORTS」に出演します。
IMG_6114



アイスクロスは、アイスホッケーの装備で、アップダウンの激しいコースを滑り降りる、氷上のF1とも言えるハードな競技です。

もともとアイスホッケーでオリンピックを目指していたヤマジュンが、単身信州から北海道・苫小牧へ移住し、やがてこの新しい競技に魅了され、日本でただ一人の女子選手として、まさにその道を切り開いてきました。

そんなことが、番組の中で紹介されるのではないかと期待しています。


こんなハードな競技に果敢に挑むアスリートでありながら、お茶目で可愛い可愛い後輩ちゃんです。

MC浜田さんに突っ込んでもらいたいなぁ…

信州産の希少生物、ヤマジュン!

是非、番組をご覧ください。





国産牛の定義を調べてみると
外国生まれであっても牛の一生の中で最も長い期間国内で飼育されていれば、「国産」と名乗って良いそうです。


では、「信州人」は?
信州に暮らして今年で20周年を迎える沢井ですが、まだ人生の中で最長ではありません。
20年も暮らして信州人を名乗れないのは淋しいですよねぇ。
様々な地を巡って、終の住処と決めて暮らしている方々だってそうです!

信州を愛するココロが大事です!


逆に沢井が信州人になれたかも、と感じた瞬間は、県歌「信濃の国」をすらすら歌えた時。
いつの間にか、覚えちゃったなぁと感慨深かったです。


そんな、信州人の愛する「信濃の国」が県歌に制定されて5月20日でちょうど50周年を迎えます。

この歌を未来へ歌い継ぎ、信州を愛して行こうというキックオフイベントが20日松本アルウィンで開催されます。


FullSizeRender



MCにはmimmitから 佐藤栄見子!


松本山雅  ホーム戦前の会場で、信濃の国を響かせます!


 一度はライブを見てみたいアーティストリストの中の1人、矢野顕子さん。

IMG_6140 


行きました


ステージにはピアノ1台だけ。

なんでしょう、このアットホーム感。

まるで近所の親戚の家にお茶を飲みに来たかのような。

そこにはもてなし好きなおばちゃんがいて、

ほらこれ食べてって、って次々料理や漬物を出してくれる感覚で、歌ってくれる。

で、このキュウリは隣のおじさんが作ったやつ、そのリンゴは向かいのおばあちゃんから貰ったんだよ〜、っていうノリで、

この曲は大貫妙子さんが…..宮沢一史君が…
糸井重里が…と、有名人がポンポン紹介されていくっていう



歌もトークも、恐ろしいほどの世界観。

見覚えのある実家のキッチンから、馴染みの風景、洒落た都会の街角、さらには地球を飛び出して宇宙まで、時間も空間も飛び越えて連れて行ってしまう。

その世界に皆んなが魅入られて。



…矢野顕子とは、明るく、可愛い、魔女でした。




魔女のコンサートのチラシには、こんな文字も。

IMG_6138


…恐ろしすぎます。

このページのトップヘ