声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

2018年05月

SBCで本日放送された番組で

IMG_6300


飯山市の菜の花祭りが紹介され

IMG_6296


kippisの出演したなかよしコンサートの様子を
紹介していただきました

IMG_6295

子供達が一緒に踊ってくれている姿も!


短い時間でしたが、とても良い記念になりました。


ありがとうございました!





(沢井 代筆)

業界の皆様に、朗報です。


この度、mimmit、現役男性ナレーターとご縁ができました。

東京で役者・声優・ナレーターとして経験を積み、現在は信州を拠点にしています。

本日、彼の初収録。

IMG_6247

これまでの長野在住ナレーターとは、またひと味違うプレイヤーです。



声の仕事と一口に言っても、テレビ・ラジオ・演劇・イベント…ルーツが違うと、同じ言葉に対するアプローチが全然違うことに、改めて気づかされます。

私のスタイルもいつのまにか固定化しているんだなぁ、もっと新しい感覚や読み方を吸収しなくてはと思いました。


一方の彼は、ディレクターである沢井の支持を解釈して柔軟に対応してくれ、収録は至ってスムーズに。収録終わりのナレーター談義に花が咲きます🌸🌼





あー、心地いい声。

アレも読んでほしい、こっちのCM彼が読んだらどうなるだろう…妄想も膨らむ膨らむ。


期待の新星、登場です🌟

 今日は久しぶりに着付け教室の仲間との集まりです。

張り切って、とっておきの…
IMG_6242

薔薇柄の半幅帯を投入
着物を着るようになってから、季節の花に敏感になりました。

私のクラスメイトは親子ほど歳が離れた先輩が多く、主婦や農家の方、キャリアウーマンと経歴も様々、しかし着物好きという共通点で、仲良くしていただいてます。
ここへ来れば、私はまだまだ「お嬢ちゃん」です💦


仕事で浴衣を着る機会が多く、自分で着られたら便利だから…と習い始めた着付け。

初めは全然覚えられずに楽しくもなかったのに、そのうちに型を覚え、道理が納得できるようになると、だんだんカタチになってきて。
いつのまにか、綺麗に着られることが快感に変わっているのです。

そこに至るには、お師匠様の温かい指導があったからこそ。

仕事と違い、気楽な習い事なので、私は随分と怠け者の生徒ですが、先生は気長に相手をしてくださり。

と言いつつも、先生ご自身は、常に着物のプロとして一分の隙もない完璧な姿を見せ続けてくださり、着物をまとう女性への憧れを抱かせてくれたのです。

この師匠でなければ、私は着物を続けられなかったかもしれません。

本当に素晴らしい方に出会いました。


IMG_6241


こうして見比べると、本物の着物美人のすっとした自然な立ち姿、
それに引き換え私はあちこちもたついて、野暮な印象です。

着物だけでなく、大和撫子として、生活のあらゆることが師匠に遠く及ばないのですが💦


仕事も趣味もなんでもそうですが、その道の「師」がいるってとても心強いことです。



身近な頼れる見本を常に意識し、と言いながらまだまだ先生に甘えさせてもらって、楽しい着物道を歩んでまいる所存です。






元陸上部マネージャーです。
毎日、ストップウォッチ片手にタイムを読み上げていました。


久しぶりに、「時計を見ないで10秒カウント!」に挑戦。


IMG_6226

挑戦5回目で、ギリギリまで寄せられました
普通ですね💦


伝説の名アナウンサーは、頭の中に時計があって、その秒針を見ながら、時間ぴったりにコメントを終わらせることができるそうです。
職人芸ですね。


そこまで正確にはいきませんが、時間の制約のある文章を読むことが多いアナウンサーやナレーターは、独自の体内時計を内蔵していると思います。


例えば15秒のテレビCM。

時間を気にせずさらっと読んでみると12秒で終わる。
あと2秒ゆっくり読んで14秒で納めて、と指示が出ます。
ナレーターは「感覚で」全体をわずかにゆっくり読んで、帳尻を合わせます。

時間オーバーな時も同じ。あと1秒、0.5秒なんて言われながら、微調整します。

この感覚が持てるかどうかが、CMナレーターになる技術の一つとも言えますね。


もちろん文章の意味がきちんと伝わること、滑舌が良いこと、多彩な表現ができること、も、必須ですが。


私もCMを読んでみたい、と言われる機会が増えました。

わずか、15秒・20秒。
なかなか、奥深い世界ですよ。

 
5月5日の子供の日。

mimmitが誇るエンタメユニット アッキー&ユッキー「kippis」



kippisは飯山市の菜の花祭りで「仲良しコンサート」を開催しました。


みんなと一緒に、歌ったり踊ったり、とっても楽しい時間でした。



アッキーが、この菜の花にちなんで「ハッピーイエロー」の曲を作詞作曲しました。


この日、みんなにも聞いてもらいました。







みんな、初めて聞く曲なのに、一緒に唄ってくれたり、振りをやってくれたり


とっても嬉しかったです。



(美和 代筆)

このページのトップヘ