土曜日放送の番組のナレーションを担当しました。

IMG_5527

信州のものづくりの技術を、医療分野ともっと緊密に連携して、より実用性の高い製品を作ろうという、産学官連携の事業を紹介しています。

ポイントは、医療従事者だけではなく、一般の私達にも使い勝手の良いメディカル製品を作ろうという点です。



例えば、夏に多発する熱中症。
応急処置を誰でも簡単に行えるキットを、緊急搬送された患者に対応する医師の意見を取り入れて作りました。


在宅医療や、災害時の医療の問題もあります。


医療従事者目線、患者目線、介護者目線…

ありそうでなかった使い勝手の良い製品を作ろうという試みは、
介護や闘病の負担を軽くする画期的な取り組みです。

ナレーションしながら、なるほどなるほどと感心することばかり。

この番組を見て、新たなアイデアをより多くの人が提案して、次の製品づくりにつながるといいなと思います。



3月24日(土) 15時30分〜
SBC 信越放送                      で放送です。


是非ご覧ください