声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

カテゴリ: ナレーション

 今日は次の長編ナレーションに向けての練習日。
読みにくい単語が沢山あるのです…

アクセント辞典片手に原稿と格闘している最中、ふと気になることが。


私がいつも自信を持って読んでいる単語のアクセント表記が、違っている!

…その単語は、私がナレーションの勉強を始めたばかりの頃に指摘されたもので、だから強く強く刷り込まれ、絶対の自信を持って読み続けてきた言葉です。

FullSizeRender


左) 22年前、初めて自分で購入したアクセント辞典。しかし初版はさらに10年遡った昭和60年でした。
約30年、この本が基本になってきたのです。

右は、2年前に大改訂された、まさに平成の時代感覚を取り込んだ最新版です。



30年、アクセントも随分変化しているようです。

他にも
気になる言葉を調べてみると…

IMG_6128




IMG_6129

「共存」「寄贈」
この二つはよく、濁るか濁らないかで議論されてきました。

本来の語源からすれば濁らない、と国語辞書にも明記されているけれど、一般的にはほぼ濁るほうで流通している言葉です。

20年前は、濁らない読み方で教わりました。


しかし平成版の辞書には、もう濁らない読み方は、主流ではなくなっていました。


新語・流行語大賞なんていうものがあるように、言葉は生きていて、常に変化し続けている。

日本語本来の美しさや秩序も保ちながら、時代の主流もしっかり見定めて、言葉の変化も柔軟に受け入れて、自分の知識もアップデートしていかなくちゃいけないな、と気づいたのでした。


…なーんて偉そうに書いてみたものの、
そもそも出身は山口県、母は和歌山県で若干関西訛りも混じりながら育ち、長野県に来て20年、信州訛りも自然に使えるようになって来た私。
さらには、すごいスピードで変化していく若者言葉をメディアで耳にしていく中で、もう何がスタンダードなのか「標準語」なのか、確信が持てなくなってきているのが、正直なところ。


長く携わってきたぶんだけ思い込みに囚われないように、やっぱり辞書を引き続けることになるんだなぁ…




お仕事で住宅のモデルハウスやショールームに行くことがありますが、その度、最新の家電やインテリアにときめいています

私自身家電やインテリアが好きで、家にもそれ関係の雑誌や本がいっぱい。
本の通りに再現できるかは別問題ですが…
この中から我が家でも取り入れられる、ちょっとした生活の知恵を探し出すのが楽しいんですよね
18-05-07-17-04-04-404_deco

さて、今日のお仕事も、とあるハウスメーカーのCMナレーションでした。
明るいものと、少し落ち着いたもの、2パターン収録。個人的には落ち着いている方が雰囲気に合っていた気がしますが…どちらが採用されるかは、これからのお楽しみです

気持ちの良い休日、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は朝から松本へ。

長野県高等学校 校内放送講習会に
講師として出席してきました。
今回で3度目。
アナウンス 中級 読みのクラスを
テレビ信州伊東秀一アナウンサーと
一緒に担当しました。

20人ちょっとの生徒さんたち。
長野県内の高校の放送部等に
所属するみなさん。

10時10分からはじめた講義も
あっという間にお昼12時。
気づいたら終わりの12時半。
熱心にたずねたり聞いたりしてくれる
みんなの熱意!
13時近くまでの
講習会となりました。

みな、読み方も千差万別。
声も透明感ある声、優しい丸みのある声、可愛らしい声、低音ボイス、響く声、繊細な声、、、それぞれの持ち味を生かせるように
読みのテクニック、読みを分析しながらお話してきました。
皆さんの今後に何かしらお役にたてますように!!!それだけを切に願い!!!

大変有意義な一日となりました。

頭で理解したつもりでも
実践となるとこれがうまくいかない。
私もまだまだなんですが。
彼らとともに過ごすとこの先も頑張ろうという気持ちになるんですよね。

人生まだまだ頑張らねば!

IMG_5223

会場となった松本の深志高校構内にて。
深志高校の建物、趣きがあり素敵でした。
伊東秀一アナウンサーとともに。


関係者の皆様ありがとうございました。

私にとって近くて遠い、群馬県。

でも、一歩近づくきっかけになるか?

群馬テレビで放送される番組のナレーションを担当しました。

群馬テレビの番組表が、なかなか攻めてます。

FullSizeRender

ね!?   
 毎月凝った番組表が登場しているみたいです。


私の担当番組もしっかり表示されてました。


IMG_5962


土曜日 28日 19時放送です。


ステキな住宅と、熱い社員さんを紹介します。
熱いメンズが多数登場です。

社長のいぶし銀な声にシビれます。





シナノケンシさんのCMナレーションを担当しています。





撮影時の様子が、社報に掲載されており

IMG_5875
IMG_5877

なんと、ナレーション担当の私の名前まで掲載していただいてました。

有り難い…

社員の方にCM、とても出来の良い、気に入っている、と直接言っていただいて、ナレーター冥利に尽きる瞬間でした。


シナノケンシさんは、今年創立100周年。
ご縁あって、違う形でも関わらせていただきます。


その話は、また後日。



新しいナレーションの依頼がありました。

真紀です。


最近、ポツポツとCMナレーションの仕事をいただくようになったのですが



何故か



何故か毎回



たった一言、二言のセリフのみ


まだ15秒または20秒の、フルタイム読んだことがありません



IMG_5848

一言ナレーター 真紀


その一言をしっかり味付けしております。


でも、フルタイムのナレーションも挑戦させてください。



お待ちしています




(美和代筆)

日曜日ですが、スタジオに IN


IMG_5831


ナレーションのレッスン生、Mちゃんが、
初めてのCMナレーションに挑戦です。



ひょんなことからレッスン生の声に白羽の矢が立った、今回のお仕事。


IMG_5830

Mちゃん、緊張しながらも
ディレクターの指示にしっかり応えて、良い作品になる手応えを感じました!



声のお仕事のキャスティングは、
経験の有無、技術はあるにこしたことはありませんが、
個性とニーズがフィットすれば、大抜擢のチャンスがあります。



スタジオ収録に大興奮の彼女でしたが、
自分の声がテレビから聞こえてくるのも、またたまらない感動がありますよー。





IMG_5700

こちら、日本が世界に誇るグルメ
 松阪牛  でございます。

うーむ、見るからに上質。

残念ながら、また食べたことがございません。


ところで、この松阪牛、
なんて読むか、ご存知ですか?

① まつざかぎゅう
②まつざかうし
③まつさかうし




正解は



③ まつさかうし   でした!


「牛」をぎゅうと読まず、うしと読むのは
結構知られていると思うのですが、

「松阪」はまつざか ざ」と濁ると思い込んでいました!

松阪牛の産地、三重県松阪市は、まつさかし、なんですね💦



見慣れた文字も、発音してみると思い込みや勘違いが、ままあります。

気をつけなくては、間違った音声が流れてしまうところでした。

牛肉関係はなかなか難しくて、神戸の牛は最近は「神戸ビーフ」と言いますし、
「但馬牛」は、動物の牛🐂の時は「うし」と呼び、肉になったら「たじまぎゅう」と読むんだそうです。

一流ブランドを守るご苦労もあるんでしょうねぇ…


このあたり、自然に使いこなせるようになるにはやはり、普段から食べ慣れてないと、言葉が身につかないなぁと主張してみましたが、やっぱり相手にされませんでした。


比較的身近な信州牛も、美味しいからいいんですけどね😁




 2017年度最終のナレーションのお仕事でした。

原稿には、新年度どころか

夏、秋、冬、という単語が散りばめられていました。
このCMが流れる一年間、頑張らなくちゃなぁ、なんて。

来週は、来年度。

何が変わるわけでもありませんが、節目を大事にしようと思いました。


年度末、お疲れ様ってことでしょうか。


IMG_5652



桜餅をいただきました。



春ですね。




最近、テレビを点けていると各局で聞こえるこの囁き。

「楽しんでますか?」


真紀が、あるTVCMのナレーションを担当しています。


真紀の声だと気付いている人はどのくらいいるでしょうか?


是非、見つけてみてください。




★おまけ★

こちらは、ある日の 「楽しんでいる真紀」

IMG_9646



  (美和代筆)

このページのトップヘ