声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

ナレーション

15日は・・・ 【後藤美絵】

 
今日は14日ですが・・・


  
毎月15日は 何の日かご存知ですか?




 



正解はこちらのCMで 。


mie がナレーションを担当しています








(miwa, 代筆)




ある日の収録  【沢井美和】

IMG_7356


いつもの収録風景とは、なにかが違います



なんでしょう?


わかるかなー?( ̄▽ ̄)



正解は

「マイクがてるてる坊主」

IMG_7618



です!




通常、マイク前には

FullSizeRender

「ポップガード」と呼ばれる風除けがあります。

「ポップ」とか「フック」なんて音の時に、マイクに息をふきかけてしまい「ボフッ」というノイズが入るのを防ぐ道具。



この日は、繊細な声を使う収録だったのですが、ガードがなかったので、スタッフが即席の風除けを作成

それが 「てるてる坊主」な訳です。


おかげで、ノイズを出しちゃうかもという邪念を排除して、ナレーションに集中できました。


頼れるスタッフ君です。





海を越えた!  【沢井美和】

台湾に行っている仕事仲間からの報告。

「無事、台湾で放送されているよ!」


IMG_7474

信州の魅力を台湾の方に知っていただく番組。

台湾の有名なブロガーの女の子が信州各地を巡ってリポートした旅番組なのですが、ナレーションは日本語、miwaが担当したのです。

IMG_7475


自分が、外国映画を観る時に、
あえて吹き替えで観ないで外国語の雰囲気を味わうように


日本人の女の子の声って可愛いな。
日本語って綺麗な響きだな。

そんな風に感じてもらえることをちょっとだけ意識しました。


誰かの耳に心地良く届きますように。

サマーイルミネーション 【沢井美和】

今年もCMナレーションを担当しました



YouTubeではロングバージョンがアップされています。

青や白の輝きは涼感たっぷり

生でみた感動は、映像を上回ります

お盆のお楽しみにお出かけください





男性ナレーター依田和樹

ブログではちらりとご紹介してきましたが、

この度、声のお仕事mimmitに男性ナレーターが参加しました。

IMG_7253


依田和樹  (よだ かずき) 


企業VPからCM、キャラクターボイスまで幅広い声の持ち主です。



早速、こちらのナレーションを担当しました。









男性の声をお探しの業界関係者様。

必聴です


告白  【沢井美和】

 時々、SBCさんのラジオCMに呼んでいただきます。

この時の楽しみは、アナさん達との共演。

今回は、山崎さん、中澤さん、そして尾関さんとご一緒しました。


尾関さんとは、高校の先輩後輩の役。

…ちなみに、私が後輩です。

IMG_7182


先輩に告白する、という設定です。


CM上の演出ですが、トキメキました〜



もっとも、向かいの席では、中澤さんが見つめているんですけどね



SBCラジオでは、アナさんの個性溢れる楽しいCMが沢山放送されています。

番組と合わせて、お楽しみください。

南インド料理 付き(オプションです)   【沢井美和】

ナレーションの個人レッスンをしました。

今回は「キャラクターボイス」

普段出したことのない声
普段の自分とは違うキャラクター

自分でも予想しなかった声が出るオドロキ。


今日の彼女は、普段可愛いらしい感じですが、意外とセクシーボイスがはまるかも?

面白い発見でした。




ナレーター、司会者、リポーター、

ニーズに合わせた個別のレッスンやってます。


徒歩3分のところには、

美味しい南インド料理のお店もあります。


IMG_7053


こちらはレッスンのコースには含まれませんが、
タイミングが合えばご一緒にランチいたしましょう



祭り屋台   【沢井美和】

この春開学した、長野県立大学。

IMG_6869

後町小学校跡地に、学生寮があります。

その敷地内に、地域の宝が納められました。

IMG_6865

IMG_6866

屋台ギャラリーとは?


善光寺門前の自治会には、弥栄神社のご祭礼で披露される大きな屋台があります。


IMG_6860

どーん

IMG_6862

どんどーん


豪華絢爛な屋台

年に一度、祇園祭のためだけに組み立て、祭りの日には市街を曳行して、また分解して一年保管…

を長年繰り返していたそうですが、

ギャラリーを作ることで、一年中組み立てた状態で展示保存することができ、市民の皆さんにも見てもらえるということです。


今日は屋台ギャラリー完成お披露目式。
美和、司会を務めてまいりました。


町の皆さんが大勢見守る中で無事オープンとなりました。

区長さんが感無量という様子で見守っていらしたのがとても印象的でした。


また
今年新しくなった新田町の屋台も披露。

IMG_6867

木の白さが初々しいですね!



明日8日は ながの祇園祭です。
新田町の屋台はじめ、4つの屋台が街を曳行します。

町衆の元気、心意気の象徴、屋台と、それを支える町衆を見て応援していただきたいですね。





長野市中心市街地は、空洞化が進み、人口が減少しています。
この屋台を守り引き継ぐ人が減っています。

今回、大学敷地内に保管されることにより、学生達が屋台の管理や曳行に関わることになったそうです。

長野で暮らす学生生活で祭りや地域の交流を体験することは、きっと有意義な経験になるでしょう。





ノーモア 【沢井美和】

そういう時代なのか、私の環境がたまたまそうなのか。

最近、原爆に関する悲惨な資料を目にする機会がまったくないな、と思う。

そういえば「はだしのゲン」は、悲惨だという理由で学校図書館から撤去されたなんて話もあった。

IMG_6724


ある被爆者に関する映像で、ナレーションを担当した。

戦後72年、戦争体験のある人がどんどん少なくなる中で、自身の体験を、原爆なき世界を未来へ…という思いが、迫ってくる。

特に、原爆によって失われた家族に関する話…
70年を過ぎても、原爆はまだ人を苦しめ続けているのだ。



原爆によって焼けただれた皮膚の写真や、死体が積み重なる絵、原爆の記録は、悲惨の一言でしかない。

でもそれが、原爆。 戦争。


最近の戦争映画も、ドラマも、美し過ぎると思う。
ほこりまみれでも、瓦礫の中でも、美しい。


でも、現実は、きっと悲惨で、悲惨で、悲惨だ。



戦争を知らない私たちがつくる未来に

戦争体験者の方々が最後の声を上げている。





ナレーションはコミュニケーション  【沢井美和】

今日は主婦の声を担当。

「主婦」とひと言で言っても色んな人がいるわけで。
若いママ、ベテラン主婦、専業主婦にワーキングマザー、のび太のママにジャイアンの母ちゃん…

きっとみんな、声が違う。


私は、若いけどチャキチャキの肝っ玉母ちゃんなイメージで準備していたら、ディレクターの方向性は見事に違っていて


慌てました



FullSizeRender



ディレクターさんは、決して饒舌に語る人ではないので、
色んな声を出しながら、彼の理想を探していく


と、私の定番、当たり前とは違う声が導き出されて、それが面白い。



台詞は日本語、全部読める  発音できる
音の高低は   スピードは   息を吐いたり混ぜたりする?
喜怒哀楽のベクトルは?


その組み合わせは無限にあって
自分の解釈の浅さを  毎回反省するのだけれど


たくさんたくさん話し合って


ディレクターの心意気を汲み取れたら  表現できたら
とても 嬉しい


今日も二転三転して、最後にたどり着いた声の中に「母の自信」を滲ませたいと言われた時に、ストンと腑に落ちた。



どうか 私の声から
彼の想いが 皆んなに届きますように





最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索