声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

カテゴリ: ブライダル

IMG_8899

わぁ〜い
久しぶりの新郎新婦との遠近3SHOT📷



プリンセスラインのウエディングドレスが
本当にお似合いで
まさに、ディズニーのプリンセスのように愛らしい新婦💕


そして傍らの王子は、
なんと花を自在に操れる魔法使いでもあり


ご実家が花農家さんだったことから、
学生時代は園芸の専門科に進んで花の技術を身につけて

IMG_8901

記念日には、自作の
数々のプリザーブドフラワーをプレゼント


今日の花嫁のブーケも、新郎のブートニアも
新郎作💐



食べることが大好きすぎて
栄養士さんになったプリンセスと
いい肉の日に結婚式というのもお2人らしい😘




最高の笑顔でした

おめでとうございます





私にとっては、またまた数ヶ月ぶりのブライダル。



入籍から1年半を経ての結婚式。

IMG_8850

コロナ禍で、一度は延期されたり
ゲストの人数を検討し直したり
大変なことがたくさんたくさんあったようです。


それを乗り越えての、今日。


優しくほほえむ新婦様はスレンダーなマーメイドドレスを見事に着こなしてまるでミューズのよう、ゲストの視線を釘付けです。

無口で「自称頑固者」の新郎様が、時間が経つほどにどんどん表情が和らいで、誰よりもこの時間を楽しんでくださり。


そんなお2人の姿を温かく見守ってくださるゲストの皆様。

お互いの想いが通いあって、最小限の演出のpartyでしたが、これ以上ない幸せ空間でした。


3月9日(サンキューの日)に入籍した2人が
11月23日(いい夫妻、あるいは、いいファミリーの日)に結婚。
新たなステージに進みます。





私にとっても、今日は最高のチームでした。

プランナーもヘアメイクも、シェフもサービススタッフも、カメラマンもPAも、みーんなプロフェッショナル。
各々が最高のパフォーマンスとチームワーク。

この安心感💕 連携の心地よさ💕


これはリモートワークでは味わえないのです。




あー、やっぱりウエディングって素晴らしい!

もっともっと関わりたいなあ!


涙涙で思いがあふれました


IMG_7443


ウエディングプランナーさんの考える「良い結婚式」について、プレゼンテーションを行う
GOOD WEDDING AWARD 2020 が開催され、

オンラインで観覧しました。


全国623名のエントリーの中から、8名のファイナリストの1人として、
一緒に仕事をしているプランナーさんが登壇したんです。


お金のこと、時間の制約、新郎新婦やゲストそれぞれの事情…
ウエディングでは、「諦めなくてはいけないことがある」のは当たり前だと思っていたけれど、

結婚式の本質に関わることには、とことん追求する!
悩んで、相談して、奔走する!


どのプレゼンからもその姿がひしひしと伝わってきて、涙なくしては聴けませんでした。



このアワードの審査のポイントは
「プランナーの介在価値」
そのプランナーが担当したことで、どれだけ本音を引き出し、実現することができたか。
2人に寄り添えたか。



司会者だったら、何ができるだろう

プランナーさんと、各セクションのプロ達と
ワンチームで、どんなことができるだろう



そう考えると、
すぐにでも披露宴に入りたくなるのです。



mimmitのブライダルMC全員を
同行すれば良かった〜💦


これから結婚する皆さん、
どうかどうか、 ナシ婚は、なしで!

きっと素敵なプランナーさんに出会えますから。

司会者も!全力でお手伝いしますから!





1日の終わり


楽しかった、っていい笑顔いただきました

IMG_6975


人前式&披露宴のテーマは「家族への感謝」



ゲストはご家族のみ

だからこそ、

お父様、お母様、お祖母様、ご兄弟、おじ様も


一人一人から祝福をたっぷりいただけて

ご家族の話をたっぷり聞けて



これまで当たり前に過ごしてきた日常が

家族の当たり前が どんなに尊いものか

そのことをちゃんとわかっているお2人だからこその

「家族への感謝の一日」だったのですね





2020年7月24日
このご夫婦の ご家族の
素晴らしい記念日になりました





この廊下の向こうは 挙式場

明日 結婚式を迎えるお2人とリハーサルをしてきました


IMG_6958


気になる世の動き


IMG_6962

細心の注意  対策は徹底しています


こんな状況でも 
ここにいる時間は寛いでいただけるように





主役のお2人

微笑みあう姿  幸せオーラが溢れていて



明日は

かけがえのない1日を お手伝いします。




このページのトップヘ