声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループ。

カテゴリ: 後藤美絵


未来の野球選手たちに
直接、プロ選手から技を教えてもらえる素敵な企画がありました。


長野ベースボールアカデミー&食育講座が
北部スポーツ・レクリエーションパークにて開催され、MCとして参加してきました。


長野市出身プロゴルファー塚田陽亮さん(主催者)
元福岡ソフトバンクホークス攝津正さん、
元福岡ソフトバンクホークス・横浜DenAベイスターズ吉村祐基さん
元ソフトボール日本代表長崎望未さんをゲストに迎え、
トーナメント方式で大会と野球教室を開催。
そして(株)ホクトによる食育講座といった盛り沢山の内容で
一日あっという間でした!

IMG-8057


小学4年生以下の選手を対象に
暑い中ではありましたが、熱中症予防対策を講じながら開催。

IMG-8060


みんな真剣にプロ選手の指導に耳を傾け、
デモンストレーションの時にはひときわ大きな歓声もあがり
とても楽しそうでした!


大人は日中のあまりにも暑さにヒ~!って感じでしたが
選手たちは元気いっぱいだったのが印象的です。



また、スポーツするうえで日々の食事もとても大切。
最近はスポーツ栄養学という分野は、アスリートたちが学ぶ必須科目とか。
今回は、子供たちのこれからの体づくりに、また家族のために
選手だけでなく保護者や指導者も対象とした講座でした。

IMG-8061



私もかつては家族で毎週グラウンドに通う野球少年の保護者でしたので、
とても身近で懐かしく、一日を楽しく過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

冬に薔薇と書いて「ふゆそうび」と読みます。

実は長野市内では上映がこれからですが、
ご縁があり、5月に完成披露上映会に行かせていただき、
さらに、今月上旬に初日舞台挨拶付きで観にいきました。


IMG-7723



この映画は見るたびに新しい視点というか
感情が沸き上がる映画だと思います。

名だたる俳優陣がズラッと出演しており、
その役柄はみんなそれぞれ闇を抱えているような、寄る辺なき者たちの群像劇。

登場人物の誰に寄り添うかで見方が変わり、鑑賞後は違う味になるような映画だと思います。
そして、環境や立場は違えども寄り添えてしまう人物がきっといるかと。



主演の伊藤健太郎さんは本作がスクリーン復帰作。
阪本順治監督がオリジナルで脚本を手掛けています。
今まで爽やかなイケメン役や正義感溢れるカッコかわいい不良役などを
演じてきた伊藤さんですが、今回の役柄はこれまでにない
どうしようもないクズ役。
目でお芝居ができるところが彼の役者としての魅力でもあると思いますが、
その目が死んでいるような、、、(←これも芝居!)


どうしようもない。その裏には
過去から引きずってきたものがあったり、
両親との関係だったりもして。



いわゆる感動モノでも更生モノでもないお話ですが、
これまでのものを脱ぎ捨てて
新しい0ゼロからのお芝居をしている俳優伊藤健太郎さんに注目しながら観てほしいです。



私も市内で上映が始まったら、また観に行こうと思います。



冬の寒さの中で健気に咲く薔薇、冬薔薇。
阪本監督が2年前に実際に出会い、育てていた花だそうです。
そして、この脚本を手掛けるにあたり
伊藤さんと秘密の対談を2時間した後に描かれたお話とのこと。
そんな裏話も沢山舞台挨拶で聞かせていただきました。

IMG-6895



映画 冬薔薇 ぜひ!


最近見た映画、一昨日に続きご紹介。

今日は2020年に本屋大賞受賞された
凪良ゆうさん原作のお話。

2年前にこの本を読んだとき、とても胸が苦しくなり、
衝撃的だったことを覚えています。

この主人公たちを世の中は
被害者と加害者としかみないことに
苦しくて苦しくて
胸が潰されそうになりながら一気に読んでしまった作品でした。



SNSという誰もが発信できる媒体などに踊らされ
真実と事実が見抜けなくなっている今の社会に問いかけています。



そして丁寧に、かつ体を張って
表現している俳優さんたちのお芝居にも注目でした。
また、個人的にはロケ地が長野市と松本市ということで
とても身近な場所が随所に出てきて興奮しました。


お~知ってるここ!行ったことある!
そんな心の声がダダ洩れでもありました。
(ロケ地巡りができそうです)

きっと皆さんも沢山目にしている場所が
この映画の中で見られると思います。


苦しいけど、ラストは光が差して
見終わったときは、優しい気持ちにもなりました。


IMG-7978

流浪の月。


みどりさんの記事に引き続き
私も最近、よく映画を見に行っているので
いくつかご紹介します。


今回はコレ。
「PLAN75」
もう衝撃的な内容で、最近見た中では一番印象に残っているお話です。
今の日本の社会問題に警報を鳴らしているかのよう。


IMG-7853



何がPLAN75かというと、
満75歳を迎えた高齢者はこれからの人生を
自分の意志で生死を選択でき、それを社会が保障してくれるという制度。
それが国会で可決、施行されたところからお話が始まります。


PLAN75を申し込む人は市役所で申請、
申請者には10万円が給付され、それは自由に使える。
その日を迎えるまでどう使ってもいい。
そんな説明を淡々と業務として説明する若い市職員。
身寄りがなく孤独な高齢者たちの想い、実態が
とてもリアリティに描かれていて


少子高齢化社会の日本、
医療・介護・その他様々な問題が絡んでくるなか
本当にこんなプランが施行されてしまうのか?と錯覚してしまうほどでした。
正直自分だったらどうするか、
家族や身内が75を迎えたらどうするだろう、、、と
考えさせられました。


重いテーマですが
今年のカンヌ国際映画祭で
「ある視点」の部門で出品され、特別賞を授賞された作品です。


こんなプランを考えなくてはならない日本ではなく、
高齢者が活き活きと生活できる
健康長寿な未来でありますように。


長野市内まだ上映しているかと思います。
よろしければ、ぜひ。







6月4,5日はセントラルスクエアにて
ながの市アウトドアフェスティバル ヤマチフェス が行われました。


お天気も良く、絶好のアウトドア日和。
2日間とも大勢の方にご来場いただきました。

IMG-7548


街中で一同に様々な体験ができたり、イベント価格でアウトドアグッズや特産品を
お買い物できるのが魅力的なこのイベント、
体験のコーナーは大変人気がありました。


IMG-7554


IMG-7551



楽しく安全に遊べるようスタッフの皆さんが丁寧に教えていたので、
お子さまたちもとても楽しそうでした。
また、Eバイク体験は親子で実際にE-バイクで善光寺方面までサイクリングに行かれ、
より楽しさやバイクの良さを体感できたようでした。



信州は里山からアルプスまで雄大な山々に囲まれ
いわば自然の宝庫。
これから本格的にアウトドアのシーズン。
ぜひ次は現地でそれぞれ楽しめたらいいですね。


私も山登りを中心にアウトドア楽しんでいます。
そこで役に立ちそうなもの、お買い物してきました。

また今シーズンも山レポしていきますね!



IMG-7559

(マネっ子だけしてみた)

ではまた。




このページのトップヘ