声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループ。

カテゴリ: 後藤美絵

お久しぶりの投稿です。

忘れられているかと思いますが、、、後藤美絵です。

いつかこのブログで今年の本屋大賞を発表したいと
書いたような気がしたので2020年が終わってしまう前に!!笑



今年はいつになく沢山本が読めた一年でした。
中でも一番心に残った作品は、

実は2019年に実際の本屋大賞を受賞された作品。


瀬尾まいこさんの そして、バトンは渡された  です。



遅ればせながら今年初めて読んだのです。。。


D8841B31-A9FF-42DD-A672-3EA1B8D83F44

ーーーーーーーーーーーー


3回も苗字が変わった主人公 森宮優子。
3人の父親と2人の母親を持つ。
一見すると複雑な家庭環境にマイナスな感情が向けられがちだが、
彼女は全く不幸ではない。


「こんなにも親に沢山の愛情を注がれている人はなかなかいない。」
と、高校の担任からのメッセージにあるように。


そう愛に溢れていてほっこりする物語なのだ。


ーーーーーーーー


一言で言うと、なんでもっと早く読まなかったのかと
悔やんでしまうぐらい読んで本当に良かった!

森宮さん(3人目の父)と優子のボケとツッコミのような
テンポの良い会話にクスッと笑えたりもして。

そして
300ページを越えたあたりから涙腺が緩くなり、、、
ラストはもう涙が止まらなかった。


それも頭にはっきり浮かぶのだ。
現実に見てきたものと重なるから。

バージンロードでの父から新郎に繋ぐバトン。
そう、エスコートチェンジ。

結婚式の司式者として
何度立ち会ってもジーンとくるこの場面が浮かばないわけがない!


家族のカタチ 多様化してきてる。
いろんなカタチ みんな違っていい。

実際、いろんなカタチの家族に出会います。


いつか担当させていただいた新婦さまは
これまでお世話になった父親代わりの叔父や祖父など
数歩ずつエスコートチェンジしながらお進みいただいたことがある。


人生の縮図というかこれまでの軌跡でもあるバージンロード。
いつだって
司式者としてお手伝いしながらも、
これまでの人生に敬意、
これからの未来に幸せな日々を祈っています。



話は少し反れましたが、
あたりまえの、固定観念を持っている人たちに是非読んでもらいたい。

そんな作品です。

IMG-8066



2021年も沢山本を読みたいと思います!!

憂鬱な日々が吹っ飛ぶぐらい幸せな気持ちになる
沢山の素敵な作品に出会えますように。


それでは皆さま、よいお年をお迎えください。

 


こんにちは。

名前de早口言葉 私もチャレンジしてみました!

作文するのにこれはダジャレか?と1人ツッコミしながら作ってみました。

自分で動画を撮ることにも不慣れな為、あーでもない、こーでもないと葛藤もしながら、、、
温かい目で見ていただけると幸いです







ごとう

後藤はがたんごとんがたんごとんと
極上の五平餅を権堂まで運んだ。

※権堂とは長野市内の地区名です


みえ

三重に住む美絵は見栄っ張りの美絵
フランスのショミエールに
美しい絵を習いに行く見栄っ張りの美絵

※ショミエールとはフランスにあるアカデミー・ドゥ・ラ・グランド・ショミエールという美術学校


低レベルでごめんなさい💦


コロナの影響で滑舌が低下しないように
日々鍛えておかないとな~と改めて痛感したチャレンジでした!!









STAY HOME

4月は沢山の本を読みました。

私の中で読書月間実施中でした。


72252C7C-1BEE-4517-8772-B8E316DA05F4


これらの本を読みました。(一つ前に紹介した本は除いています)

中には読み途中の本もありますが、、、


それぞれが心に残るものばかりですが、
中でもイチオシ!は



東野圭吾さんの「クスノキの番人」


昔、ある本好きの先輩が言っていたのを思い出しました。
「東野圭吾(の本)って必ず誰かが死んじゃうんだよねえ、、、」

これは人が死なない東野圭吾作品です。笑



ミステリーっぽいところもありますが、
読了後は爽やかで、心が温まるハートフルストーリーでした。


とは言え、(少しネタばれになりますが)
読んでいる最中は主人公の青年が
自分に負けてまた犯罪を犯してしまうのではないか、と
ハラハラしました。(東野圭吾作品なだけに、、、)

青年が人として成長していく姿と彼を育て見守る伯母。
その伯母の台詞に
「どんな人間でも生まれてきた理由があります」

今のこの状況に沈みがちな心にじーんと響きました。


ぐんぐんと引き込まれていき、
とても読みやすい本です。

ぜひ、皆さんも読んでみてください。




さて、5月です。
(こうして毎日家にいると今日が何日で何曜日だか分からなくなる時も、、、泣)

今月は、コロナ太りから守る為
おうちでできるエクササイズで
身体づくり月間にしようと思います!

その成果はいかに、、、
月末に報告します。




おまけ


IMG-4701

こんなのも読みました。
大好きな漫画「のだめカンタービレ」
前にも紹介しましたが、こちらはバイリンガル編

好きな漫画で英語の勉強になるかなと、、、笑



日本語と英語と
語学勉強もしてパワーアップした自分を目指す
コロナに負けない数ヶ月にしたいです!(決意表明)



 



おうち時間
皆さんはどんなふうにお過ごしでしょうか?


私はこの際だからこそ、
「どっぷりハマろう読書月間!」を1人実施中です。


本は、どこでもドアのように
その世界へ一瞬で行かれるのが心地良いですよね。




今月に入って何冊か読んだのですが、その一つがコレ。

IMG-4537 (1)

「蜜蜂と遠雷」は
楽器の街で有名な浜松市でのピアノコンクールがモデルになっていて、
昨年映画も公開された恩田陸さんの小説です。(映画も観に行っています)



上下巻たっぷりとコンクールの一部始終が描かれていますが、
出てくる選曲はリアルに実在する名曲ばかり。
そのクラシックをBGMにして読むことで更に楽しく読めました。


音楽を言葉で表現するって難しいのですが、
言葉選びが流石で表現力の勉強にもなった気がします。



コンクールの頂点を争うピアニストたち。
お互いライバルなのに争う様子など嫌な部分が描かれていないのも
また心地良くて、安心して世界に浸かれました。(個人の感想まで)







ちなみに

音楽繋がりで、、、


IMG-4601


こちらもまた読み返しています。
「のだめカンタービレ」

テレビドラマ編も映画編も大好き過ぎて
何回も何回もリピートしているのですが、
(DVD全巻持っている。全く飽きない。ちょっとオタク

最近ちょっとした時間に漫画を読み返しています。

例えばキッチンでお鍋に火をかけて待っている間とか、
ちょい読みでも
漫画は気軽に読めて最高です♪





皆さんのおすすめの本、今度教えてください。


昔、学生の頃
なんて可愛らしいタイトルなんだろうと手にとった

江國香織さんの詩集
「すみれの花の砂糖づけ」
IMG-4583

タイトルの言葉そのものに惹かれていたのですが、
つい最近になって、
フランスのトゥールーズの名物だと知りました。

それも語学番組で、、、


NHKの旅する語学シリーズが好きで、
「旅するフランス語」で知りました。


IMG-4515
すみれのお菓子がたくさん!のコンフィズリー(旅するフランス語より)


すみれの花の砂糖づけは、紅茶に入れたり
スパークリングワインなどに入れると
花びらが開いていい香りがするそうです!

想像するだけでもワクワクします✨

今度ネットでお取り寄せしようかな~!
と思っています。



フランス語は勉強するというよりも
フレーズ丸暗記作戦でインプットし、
いつか少しでもアウトプットしてみたいです。


勿論、旅行に行きたい度Maxですが、
今はこんな状況ですし、収入も激減。
挙げればキリがありませんが、


今こそ、「この状況が落ち着いたらやりたいこと」を
リストアップし、ワクワクを想像して楽しみたいと思います。



少し前にフランス人のお友達ができたので
まずは彼らに会うことを楽しみにしたいと思います。

(フランスに帰省したらこのとおり、
日本へ戻れなくなってしまっているのです。
無事でいることを祈ります)






ちなみに
「旅するドイツ語」を観て
ドイツのビアホールでビールを堪能する!ことも
やりたいことリストに入りました

このページのトップヘ