声のお仕事 mimmitのブログ

長野県を中心に活動するフリーのMC・リポーター・ナレーターのグループの活動日記。

タグ:読書月間


STAY HOME

4月は沢山の本を読みました。

私の中で読書月間実施中でした。


72252C7C-1BEE-4517-8772-B8E316DA05F4


これらの本を読みました。(一つ前に紹介した本は除いています)

中には読み途中の本もありますが、、、


それぞれが心に残るものばかりですが、
中でもイチオシ!は



東野圭吾さんの「クスノキの番人」


昔、ある本好きの先輩が言っていたのを思い出しました。
「東野圭吾(の本)って必ず誰かが死んじゃうんだよねえ、、、」

これは人が死なない東野圭吾作品です。笑



ミステリーっぽいところもありますが、
読了後は爽やかで、心が温まるハートフルストーリーでした。


とは言え、(少しネタばれになりますが)
読んでいる最中は主人公の青年が
自分に負けてまた犯罪を犯してしまうのではないか、と
ハラハラしました。(東野圭吾作品なだけに、、、)

青年が人として成長していく姿と彼を育て見守る伯母。
その伯母の台詞に
「どんな人間でも生まれてきた理由があります」

今のこの状況に沈みがちな心にじーんと響きました。


ぐんぐんと引き込まれていき、
とても読みやすい本です。

ぜひ、皆さんも読んでみてください。




さて、5月です。
(こうして毎日家にいると今日が何日で何曜日だか分からなくなる時も、、、泣)

今月は、コロナ太りから守る為
おうちでできるエクササイズで
身体づくり月間にしようと思います!

その成果はいかに、、、
月末に報告します。




おまけ


IMG-4701

こんなのも読みました。
大好きな漫画「のだめカンタービレ」
前にも紹介しましたが、こちらはバイリンガル編

好きな漫画で英語の勉強になるかなと、、、笑



日本語と英語と
語学勉強もしてパワーアップした自分を目指す
コロナに負けない数ヶ月にしたいです!(決意表明)



 



おうち時間
皆さんはどんなふうにお過ごしでしょうか?


私はこの際だからこそ、
「どっぷりハマろう読書月間!」を1人実施中です。


本は、どこでもドアのように
その世界へ一瞬で行かれるのが心地良いですよね。




今月に入って何冊か読んだのですが、その一つがコレ。

IMG-4537 (1)

「蜜蜂と遠雷」は
楽器の街で有名な浜松市でのピアノコンクールがモデルになっていて、
昨年映画も公開された恩田陸さんの小説です。(映画も観に行っています)



上下巻たっぷりとコンクールの一部始終が描かれていますが、
出てくる選曲はリアルに実在する名曲ばかり。
そのクラシックをBGMにして読むことで更に楽しく読めました。


音楽を言葉で表現するって難しいのですが、
言葉選びが流石で表現力の勉強にもなった気がします。



コンクールの頂点を争うピアニストたち。
お互いライバルなのに争う様子など嫌な部分が描かれていないのも
また心地良くて、安心して世界に浸かれました。(個人の感想まで)







ちなみに

音楽繋がりで、、、


IMG-4601


こちらもまた読み返しています。
「のだめカンタービレ」

テレビドラマ編も映画編も大好き過ぎて
何回も何回もリピートしているのですが、
(DVD全巻持っている。全く飽きない。ちょっとオタク

最近ちょっとした時間に漫画を読み返しています。

例えばキッチンでお鍋に火をかけて待っている間とか、
ちょい読みでも
漫画は気軽に読めて最高です♪





皆さんのおすすめの本、今度教えてください。

このページのトップヘ